BIOGRAPHY

Satoko Mori

Satoko Mori is a NYC-based pianist, keyboardist, accompanist and music director from Japan.

 

She started playing the piano from the age of 3 and went on to learn classical music. 

She graduated from Aoyama Gakuin University in Tokyo and majored in English Literature, which included studying musicals.

She moved to NYC in 2014 and studied under Atsushi TOYA Tokuya.

She studied at Berklee College of Music in Boston in a 12-week program in the summer.

​Currently, she studies under Wendy Bobbit Cavett.

She is performing at theatres as a pianist, keyboardist and music director.

Credits:

Off Broadway: Loop Troupe's "Taking It Too Far"

Off- off- Broadway: "Jesus Christ Superstar" (as band master), "Yaki Yim Bamboo"

U.S Regional: "West Side Story", "Rodgers and Hammerstein's Cinderella"

Original musicals in NYC: "The Charm,"(Music director) "A Moon in the Morning,"(Music director) and "Martha Cipolla for the President!"

She is an official member of the NYC-based comedy group Loop Troupe.

She has been a pianist, keyboardist, and music director for their productions such as "Taking It Too Far" and "Unsinkable!"

She is also an official member of the Loop Troupe Family Band as a keyboardist. They have been performing in some live houses in NYC, including PIANOS, Mercury Lounge, The Bowery Electric, Baby's All Right and so on.

 

As an accompanist, she has been accompanying various singers at some theatre companies' cabaret shows, such as Double Deckers ProductionsThe World Voice Ensemble and the performer's showcase ALIVE. She performed at musical theatre workshops involving The World Voice Ensemble and at Queens College in New York.

 

She has played the piano at other places as well, including a hospital, Mount Sinai Beth Israel Hospital in Union Square, as a solo performer, and in a church, The Redeemed Christian Church of God in Brooklyn, The Recovery House of Worship as a keyboardist with the house band.

Sometimes she performs as a singer in musical showcases, charity concerts, etc.

​Blog (Photos)

Performances

Satoko Mori (森 聡子)

日本(東京)出身、ニューヨーク在住のピアニスト、キーボーディスト、伴奏者、ミュージックディレクター。

​3歳の頃からピアノを始め、クラシックピアノをベースに学び始める。

青山学院大学英米分学科卒業。

イギリスミュージカルと日本のミュージカルの比較を専攻し、在学中は演劇研究会にて自身も役者として活動。

卒業後は作曲も始め、東京のライブハウスでピアノ弾き語りやバンドと共演で、オリジナル曲を歌って弾いていた。

2014年、音楽の幅を広げるためニューヨークに渡米し、徳家 淳氏に師事。

夏にはボストン、バークリー音楽院の12週間サマープログラムにて音楽理論を学ぶ。

現在は、Wendy Bobbitt Cavettに師事し、ピアニスト、キーボーディスト、ミュージカルディレクターとして活動中。

​2016年に、「Yaki Yim Bamboo」にてアシスタントミュージックディレクター、ピアニストとして、オフブロードウェイデビュー。

​その他、演奏したブロードウェイ作品は、「ジーザス・クライスト・スーパースター」にバンドマスターとして、「ウェストサイドストーリー」、「ロジャース&ハマーシュタインのシンデレラ」、

オフオフブロードウェイ作品は「ウィンターワンダーランド2017」「Loop Troupe夏の6週間公演」など。

オリジナルミュージカルでは、「The Charm」、「午前の月」、「Martha Cipolla for the President!」などで演奏。

2017年、 ニューヨーク拠点に活動するコメディアーティスト集団、Loop Troupeと出会い、以降専属ピアニスト、キーボーディスト、ミュージックディレクターとして活動中。

また、Loop Troupe Family Bandのキーボーディストとしても、Mercury Lounge、PIANOS、Bowery Electric、Baby's All rightなどのニューヨークのライブハウスで月1-2の頻度でライブ活動を行っている。

伴奏者としては、シアターカンパニーDouble Decker ProductionsThe World Voice Ensembleのキャバレーショーや、パフォーマーズショーケース、ALIVEなどで様々なシンガーと共演。

クイーンズ大学や、前述The World Voice Ensembleのミュージカルシアターワークショップでも受講生達の伴奏を担当。

NYの中学、高校のミュージカルやサマーキャンプ等でも演奏している。

また、ミュージカルやシアターだけではなく、マウントサイナイベスイズラエル病院、ユニオンスクエアのロビーでソロでピアノ演奏をしたり、ブルックリンの教会、The Redeemed Christian Church of GodThe Recovery House of Worshipなどで、キーボーディストとして、礼拝演奏を経験。

たまに歌う。

ブログ

パフォーマンスの記録

© 2020 Satoko Mori